<雨でも ほのぼの・・・>

大地震による被害の復旧業務で、メチャクチャな忙しさだったAstrum。
ほぼ1ヵ月が過ぎて少し日常ペースが取り戻せたため、震災以降気になっていた
福島県棚倉町にある古くからのお得意さんに、様子見を兼ねてお見舞いに出かけました。

面会を済ませてた帰途、もうかれこれ5年はご無沙汰している渓流が
どうなっているか・・・と思い、脇道に入っていくと。。。。
おやッ。。。なんだかおサカナさんの看板が・・・。

看板を辿っていくと、管理釣り場に出くわしました。

へ〜ぇ、こんな所に管理釣り場が出来たんだぁ!!( ̄□ ̄;)!!

土曜日というのに、折からの雨。
この雨粒には10ベクレルくらいの放射性ヨウ素とセシウムが含まれているのでしょう。
管理棟で愛想のよい管理人さんに色々とお話をうかがうと、朝7時から夕方6時までが
営業時間とのことです。
でも、この雨と地震の影響からか、釣り客は2人しか居ません。

少し雨が小降りになってきたら、ポンドの水面にはライズが・・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

時間は午後4時。
Astrumの頭の中のインテルプロセッサーが回りだしました。
着替えは・・・ある。
ロッドは・・・OK!!
靴は・・・ウエイディングシューズで代用
雨合羽は・・・無いけど、傘さして釣れば何とかなりそう。。。

演算結果・・・Let's Go!!

管理人さんに料金を払い、作業用ツナギにウェーディングシューズ、フィッシングベストの上にはドカジャン
挙句の果てに傘をさしながらキャスト・・・というヘンテコな格好で釣りはじめました。

ライズをめがけてキャストすると、入れ食い状態です。

傘をさしながらトラウトをランディングするのはチョッと苦労しますが、ほんの30分ほどで
10匹のニジマスとブラウンを釣り上げました。


この管理釣り場、入り口にもカンバンらしきものが見当たらず、どんな名前の管理釣り場なのか
判りませんでしたが、家に帰って調べてみたら「フィッシングエリアほのぼの」という名前の
管理釣り場でした。
http://www4.plala.or.jp/fa-honobono/

時折り強くなる雨脚を避けながら夕方6:00の終了時間までドライフライに反応するトラウトの
小気味良い引きを楽しみ、思いもかけぬ10年目のドタバタシーズンが開幕したのでした。

Next

Back

Back to Top Go to Meneu