<ココロの洗濯>

体内に溜まったストレスという汚染水を排出すべく、深夜2時半にイキナリ思い立って奥日光を目指しました。

辺りが明るくなって差し掛かったいろは坂の
「ぼ」の看板も、今日はクッキリ「ほ」に見えます(笑)
明智平を過ぎたあたりで、チラッと猿影???を発見!!・・・いや。。。釣りに行く途中で野生動物に出会うのは、Astrumにとっては忌避すべきことであります。
みてない・・・みてない。。。。(ΘoΘ)p

3年ぶりに日光のミツバツツジに出会えました。
この紫色、ホントに素敵です。


朝霧が少しずつ陽光に散らされてきて、今日はいいお天気になりそうです。


湯滝からの流れ出しの水量は、思ったほど多くはないみたいですネ。。

さっそく川べりに立って、ビーズヘッドニンフのついたラインをキャスト!!
何度かの打ち返しで、最初にロッドを曲げてくれたのはホンマスのお兄さん。
少しの間に、相次いでいいサイズのブルックトラウトがかかってきます。
 
 
ここ数年訪れていないものの、23〜26cmのサイズのブルックがこんなに釣れてきたことは、あまり記憶にないような気がします。

それにしても今日は反応が良いです。湯滝からホンの50m程度の区間の中で約2時間半くらい釣り続けて、釣り上げた数は20匹を軽くオーバー。


川べりに咲くシャクナゲやミツバツツジの写真を撮る余裕があるというのは、Astrumにとっては珍しいことであります。

児滝に来てみると、すでに7人の釣り人が、それぞれの場所に陣取ってロッドを振っています。でも、橋の上から見た限り、魚影は薄い感じでした。

小田代橋までの間では、町内会やサークル仲間のオバさん・年配のご夫婦などが通り過ぎる目の前で何度となくサカナを釣り上げ、「ホラ、見て。釣れてるわ!!」「それ、なんというサカナですか?」などと声をかけられ、得意顔のAstrumです。

ムムッ!!この場所は・・・・・7年前に私がタイタニックと化した場所ではないかい?

(詳しくは、2004年9月のドタバタ日記を・・・)


小田代橋まで来ましたが、このあたりでは、あまりロッドを曲げるサカナは出てくれませんでしたねぇ。ライズもないし、魚影も少ない感じです。

橋の側の岸際でひと休みして、カッコウの鳴き声に聞き入ります。
ところが・・・・しばらくしたら「ギ」と「ジ」の中間みたいな「ギジジジジ・・・」という鳴き声が聞こえてきました。
この鳴き声、どこかで聞き覚えがあります。何かオソロシイ、残酷な生き物の鳴き声です。
辺りを見回すと、確かにナニかがこちらを見ている気配がします。

デジカメをズームにしてシャッターを切ると・・・居ました。確かにナニかがいます。

正面の松の木の枝のところ・・・・。

ギャー!!  元カリフォルニア州知事!! 助けて〜ぇ〜ぇ。
でも元州知事は、隠し子問題で忙しく助けてもらえなさそうです。

足早に、湯滝のほうに逃げ出すことにしました。

湯滝に戻ってきたのは、午後1時過ぎ。
展望台には、たくさんの観光客が入れ替わり立ち替わり訪れています。
そのギャラリーが見守る中、ロッドを振ったAstrum。

年配のご夫婦のだんなさんが、Astrumのロッドの曲がり具合を見て「オッ!!デカイのがきたぞ!!」と声を上げます。
・・・・・でも、根掛かりでした。
「ご期待に沿えずに、申し訳ありません。」と笑いをとります。
しかしその直後!!

しっかりホンマスで、そのご夫婦の喝采を浴び・・・・・。
ブルックで、小学生達の驚きの声を聞き・・・・。


今日一番のサイズの約33cmくらいのニジマスでは、写真を撮っている時に、若い女性の2人組に声を掛けられました。

2人組A:「にーすぃ ふぉんぴぃあぉやんだ しぃあぉ ようみん でぃぇしゃん でぃうぇいだぉ」
2人組B:「にーしゃんちんげぃ よんばぉじぇ ふぉざいらんしゃぉ ようもう じょんちん でぃあぉ」

・・・・・・という風な言葉で、声を掛けられた。。。。σ(・ω・。*) ホニュ??
Astrum:「!QAZ"WSX#EDC$RFV%TGB&YHN'UJMIK<!"#$%%&|~=」
・・・・・という感じで返答した。
2人組:「・・・・・。」という感じで立ち去った。。。(-ω-;)ウーン

なんなんだ〜ぁ、もまいら!! (`Д´)ノ( `Д)ぷんぷん!!
でも、なかなかカワイイ娘達でしたよ☆⌒(*^-゚)v


そして最後に釣れたのは・・・・。

コレ、やっぱイワナですよねぇ? アメマス?
こちらは、親子連れで恐る恐る近づいてきたかわいいお嬢さんが「おっきくて、きれいなサカナですねぇ。なんというサカナですか?」と尋ねてきました。

Astrumは、「この川ではあまり釣れたことがないないんですけど、イワナですかねぇ」と答えました。

帰りに、湯滝レストハウスでバッジをいただいて、約50匹という大爆釣の湯川での一日を終了。

さ〜ぁ、湯川でココロの洗濯は済ませたから、
帰りはカラダの洗濯してかえろ〜っと・・・v(^_^)vうひひひ



Next

Back

Back to Top Go to Meneu